読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mama Loves Organics

プレママやママのためにオーガニック&ナチュラルコスメを紹介するブログ

SPF30とSPF50…どっちの日焼け止めを選べばいい?

こんにちは。

暖かい…というか暑い!

日ざしの強い日が続きますね。

みなさんしっかりUV対策しなきゃ!!って思う時期ではないでしょうか。

最近書いた記事が日焼け止めについてだったんですけど☟

記事で紹介した【UV Natural】【ALOBABY】ですが、SPFはそれぞれSPF30+とSPF20。

SPFの数値は一番高いものでSPF50+ですが、「だったらもっとSPFの数値が高いほうがいいんじゃないの?」と思った方もいるのではないでしょうか。

今回はSPFと日焼けについて書いてみようと思います。

SPF

f:id:kate1173:20160321162840j:plain

【Sun Protection Factor】の略で紫外線防御指数のこと。

これは、紫外線を浴びた際に皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長くできるかを表したものです。

紫外線のうち皮膚を赤くする作用があるのは紫外線B波(UVB)です。

つまりSPFはUVBを防止することのできる効果を数値として表したものです。

SPFの数値

人間が肌に何もつけない状態で紫外線を浴びた際、だいたい20分くらいで皮膚が赤くなるという実験データから、SPFの数値は20分を1単位としています。

SPF1は紫外線を浴びた際に肌に何もつけない状態より、皮膚が赤くなるまでの時間を20分遅らせる効果があるということ。

例えばSPF10だと20分×10=200分…つまりだいたい3〜4時間は日焼け止め効果があるということになるんですね。

この時間のめやすは日焼け止めを皮膚1㎠あたり2mg塗った時の値なので、けっこうたっぷりめに塗らないと数値と同様の効果は得られませんし、日焼けしやすい肌質の方は表示されている数値よりも効果が短くなるので注意が必要です。

ちなみにこの皮膚1㎠あたり2mgという値をもとにして日焼け止めをに塗るとすると、だいたい500円玉くらいの量になります。

SPFの数値は高ければ高いほどいい?

SPFの最高値はSPF50+(SPFが51以上ある)、オーストラリアはSPF30が最高値です。

日焼けが心配な方は「SPFの数値が高いものを使ったほうがいいのでは?」と思うかもしれません。

ですが実際のところ、SPF30以上はどんな高い数値であってもUVBの防御率の効果は大きく変わらないというデータもあります。

ですので、日焼け止めはSPF30でもSPF50でも効果に大きな差はないということになります。

f:id:kate1173:20160321163653j:plain 

PA

余談ですが…

日焼け止めにはSPFのほかにPAという表示がされていますよね。

このPAは【Protection Grade of UVA】の略で、紫外線A波(UVA)を防御することができる効果を表したものです。

PA+のように表示されており、+が多いほどUVAを防御する効果が高いということです。

効果の高さは+〜++++までの4段階で表示されています。

  • PA++++ 極めて高い効果がある
  • PA+++  非常に効果がある
  • PA++   かなり効果がある
  • PA+    効果がある

PAの表示があるのは日本製のみ

日焼け止めを選ぶ際、SPFの数値だけでなくPAの表示もチェックされている方もいるかと思います。

でも、このPAの表示は、海外製の日焼け止めには表示されていないんです!

なぜならPA日本化粧品工業連合会が定めた基準による指標なので、PAの表示がされているのは日本製の日焼け止めのみなんです。

だからといって海外製の日焼け止めにUVAを防御する効果がないということではなく、日本のPAのような基準がないだけで、UVAを防御する効果はきちんとありますのでご安心を。

f:id:kate1173:20160506225627j:plain

安心して使える日焼け止めを探しているかたはEMGのサイトをチェック!

アメリカにEWG(Environmental Working Group)という環境や健康問題などを研究している機関があるんですが、そのEWGが日焼け止めの安全性を評価しているサイト☟があります。

www.ewg.org

日焼け止めの安全性が1〜10までの数値(1は最も安全〜10は最も危険)で表されています。

自分が使っている日焼け止めの安全性をチェックしてみるのもいいかも。

日本のブランドはDHCしか載っていませんが…

このブログで紹介した【UV Natural】の数値はで、最も安全な日焼け止めと評価されています。

日焼け止め選びのポイント

SPFの数値が高ければいいというわけではなく、効果でいえばSPF30もSPF50も大差はなし!

それよりも適切な量を塗る・こまめに塗り直すということが大切です。

日焼け止めはこれからの季節には必需品!

日焼け止めを選ぶ時には、SPFの数値だけにこだわらず、安全・安心なもの、自分の肌に合っているものを選びたいものですね。

今回の記事が「どのくらいのSPFのものがいいの?」と日焼け止め選びで悩んでいる方の参考になったらうれしいです♪

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村