読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mama Loves Organics

プレママやママのためにオーガニック&ナチュラルコスメを紹介するブログ

乾燥肌には 【WELEDA】Skin Food(スキンフード)が絶対オススメ!

少しずつ春らしくなってきましたね。

今年は暖冬と言われていて、たしかに例年より暖かい感じがするけど(住んでいる地域にもよると思いますが)なんだかいつもより乾燥する!!!と思うのは私だけでしょうか…

顔はけっこう念入りに保湿をしているからまだいいんだけど、体はけっこうカサついてかゆくなってしまう部分もちらほら…

そんな時に私はコレを使っています!

WELEDA【Skin Food】

ヴェレダ スキンフード 30mL

今回は乾燥する時に役立つSkin Foodを紹介しま〜す!

コッテリしたテクスチャー

乾燥肌に効くだけあって、コッテリしたテクスチャーです!

f:id:kate1173:20160225045319j:plain

なので、塗る時にはすり込むようにして(と言ってもゴシゴシやらないように…優しくね)なじませるといいですよ。

塗った後はややべたつきますが、皮膚の表面がしっかり覆われている感じがします。

私はアトピーで肘の内側がかゆくなる時があるので、主にその部分に使っています。

手湿疹なので、そこが乾燥した時にも塗ってます。

なんともいえないフシギな香り

ほんの〜りシトラス系の香りですが、あなたが想像するような一般的なシトラスの香りではないので注意です。

なんだか森林浴で森の中にいるような、いろんな植物の香りがまざっているような感じのフシギな香り。

いい香りというわけではないけれど、強い香りではないので、使用する時にはあまり気にならないと思いますよ。

パッケージ

WELEDAは好きなオーガニックコスメブランドのひとつなんだけど、唯一「残念だなあ」と思うのが、このアルミのチューブ。

ハンドクリームとかこのSkin Foodとかクリーム状の製品のパッケージはみんなコレなんだけど、このアルミのチューブって、ちょっと使いづらい。

だって、使っているうちにチューブの側面に切れ目が入ってきて、チューブを絞ろうとすると、その切れ目からウニョ〜って中身が出てくる!

f:id:kate1173:20160225051348j:plain

これを使う時は、上のほうから優しく絞っていくのがポイントです(それでもやっぱり少し切れ目が入ってしまうけど)

WELEDAのパッケージはグリーンやイエローやレッドなど色づかいがキレイだったり、シリーズごとに色分けがされていたりしてデザインはイイんだけどなあ。

これだけが難点。でも中身はとってもイイ!

成分

水、ヒマワリ種子油、ラノリン、アーモンド油、ミツロウ、エタノール、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-3、グリセリン、リモネン、サンシキスミレエキス、香料、加水分解ミツロウ、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、アルギニン、硫酸亜鉛

この中にあるカミツレはいわゆるカモミール、トウキンセンカカレンデュラマリーゴールド)です。

オススメの使い方

Skin Foodは全身用クリームなので、体中どこでも使えますが、塗るとべたつきがあるので乾燥が気になるところのみに使うのがオススメ。

私は手湿疹で、乾燥して手がガサガザする時には日中 何度も塗ったりする時があるけれど、その手でPCを触ったりすると…油分がバッチリつきます。

なので、私のような特別な事情がない限り、日中ハンドクリームとして使うのはあまりオススメしないです。

ハンドクリームとして使うなら、夜 寝る前に塗って、手袋をして寝る。

翌朝には手がしっとり、柔らかくなってます!

かかとのガサガサが気になる人も、寝る前にかかとに塗って、靴下をはいて寝ると、かかとのガサガサが少し改善されているはず!試してみてね。

ヴェレダ スキンフード 30mL

WELEDA【Skin Food】のオススメ度

(私の個人的な使用感をもとに)オススメ度を★で表してみます。

  • 香り    ★☆☆
  • うるおい  ★★★
  • パッケージ ★☆☆
  • オススメ度 ★★★(乾燥が気になる方には特にオススメ!)

30mlと75mlがありますが、持ち歩く予定がない方は75mlがオススメです。

特に乾燥するシーズンは意外と重宝するので、けっこう減りが激しいです。

花粉シーズンで鼻をかみすぎて皮がめくれた〜っ!!ていう時にもイイですよ。

WELEDA【Skin Food】を使ってみたいと思った方はこちら

乾燥に悩んでいる方、ぜひ試してみてね。 

 

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村