読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mama Loves Organics

プレママやママのためにオーガニック&ナチュラルコスメを紹介するブログ

オーガニックコスメのメリットとデメリット

私はオーガニックコスメを使い始めて、ずっと悩まされていた手湿疹も悪化しておらず、肌の調子もいいです。

そのためずっとオーガニックコスメを愛用しているのですが、使用するにあたって注意する点もあります。

今回はオーガニックコスメのメリットとデメリットについてお話ししたいと思います。

f:id:kate1173:20160108225732j:plain

オーガニックコスメのメリット

肌に優しい

オーガニックコスメは自然由来の成分で作られているので、多くの人は「肌に優しい」というイメージを持っていると思います。

一般の化粧品(いわゆる【ケミカルコスメ】と呼ばれているもの)には、界面活性剤や防腐剤など化学合成成分を使用しているものがありますが、オーガニックコスメはこれら化学合成成分を使用していない(もしくは、ごく少ない量を使用)ので、肌への刺激が少なく、肌に優しいコスメと言われるんですね。

オーガニックコスメはすぐに「シワがなくなった!」「化粧のりがよくなった!」という即効性は期待できないものの、植物の持つ抗酸化物質などの自然の力によって人間が持つ自然治癒力を高め、徐々に効果を発揮していきます。

ですので、私のように肌トラブルに悩まされているかたや敏感肌のかたはトライしてみる価値があるかもしれません。

自然な香りで癒される!

オーガニックコスメは肌に優しいというだけでなく、その自然な香りもオススメする理由のひとつです。

オーガニックコスメの中にはエッセンシャルオイル精油)が含まれているものがあります。

エッセンシャルオイルアロマテラピーにも使用されますが、気分をスッキリさせたり、心をリラックスさせたりとさまざまな効果があります。

香りを楽しみながらスキンケアをすれば、肌も心も癒されること間違いなし!です。

オーガニックコスメのデメリット

価格が高め

有機栽培された植物の成分を抽出し、コスメを製造するには、手間も時間もかかりますし、大量生産も難しいです。

なおかつ栽培方法から製造工程に至るまで厳しい基準のもとで作られていれば、やはりコストがかかり、それが価格に反映されます。

オーガニックコスメは海外製のものが多く、輸入品ということもあり、ドラッグストアで気軽に購入できるような一般的なコスメに比べると割高な印象があるのではないでしょうか。

絶対に肌荒れしないということではない

オーガニックコスメは肌に優しいと言っても、人の肌質はさまざまなので、肌荒れやアレルギーなどの心配が全くないというわけではありません。

使用期限・保管方法に注意

オーガニックコスメの中には品質を長持ちさせるための添加物が使用されていないものもあり、開封後◯ヶ月以内に使用するといったように使用期限が設定されているものもあるので注意が必要です。

パッケージに使用期限が記載されているものもあるので、確認して使用しましょう。

使用期限の記載がない場合でもワンシーズンで使い切るほうがベターだと思います。

また、他のコスメにも言えることですが、化粧水のボトルの注ぎ口に手が触れてしまったり、クリームを直接手で作ったりするのはNGです。

雑菌が繁殖し、品質が劣化します。

クリームはスパチュラでとる・使用後はきちんとフタをしておくなど衛生的に使用するように心がけましょう。

保管する場合は、直射日光や高温多湿を避けて保管するようにしましょう。

まとめ

オーガニックコスメのメリットとデメリットを挙げましたが、一番重要なのは「自分に合うか合わないか」です。

いくらオーガニックコスメと言っても、肌質は人それぞれですし、肌のコンディションもその日によって違います。

オーガニックだからアレルギーは絶対ない・肌荒れはしないということではありませんし、このブログも「ケミカルコスメは肌に悪いからダメで、オーガニックコスメは肌にいいから素晴らしい!」と言っているわけではありません。

私は今までいろいろな肌トラブルを経験したんですが、オーガニックコスメにしてからは肌の調子もいいし、自分に合っているんだな〜と思って愛用しています。

ですので、「オーガニックコスメってどんなもの?」とか「使ってみたいな〜」と興味を持っているかたの参考になれば…うれしいなあ♡と思います。

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村